読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーアドバイザー Mother 千賀子のBlog

毎日七転び八起きそんな母さんのつぶやき

あなたの街に文房具屋さんはありますか?

100円均一など安く文房具が手に入るけど

街の文房具屋さんって文房具だけを

扱っているのではないからなくなっちゃうと困るのよね〜

 

本屋さんと文房具屋さんは見るだけでも楽しいです

 

私はストレス解消にもなる場所ですね〜

 

駅から我が家までの間にある商店街の文房具屋さんが週末以外シャッターを下ろすという事態になってしまいました(≧∇≦)

 

町会のいろんなお役目を引き受けていた

文房具屋さん

町会費や祭礼の奉納や近隣の小学校の校帽、上履き、防空頭巾も扱っています

みんなの拠り所にもなってくれていたのですが

 

私が仕事に行く街の文房具屋さんも数ヶ月前に

閉じられました

 

そして今日、役所の方々との打ち合わせに訪れた二つ先の街の文房具屋さんは明日閉店

全品半額の張り紙がありました

 

まず、お店に入って一周して

 

時計を見ると約束の時間5分前でしたので

手に取ったものを取り置きしていただくよう名前を告げて打ち合わせ場所へ急ぎました

 

打ち合わせ終了後にお店に入って

必要なものを考えて

 

スプレーのり、月謝袋、えんぴつ(妖怪ウォッチの.生徒に2本ずつプレゼントします)

娘ちゃんが使うシャーペンの芯

シャチハタの替え朱液、などなど

一番私が消耗する硬筆の手本を書く赤ペンはあるだけ手にすると

 

 

「赤だけ残って‼️」

 

「助かります、全部下さい」

 

「先生ですか?」

普通の人は黒を買うから

(ですよね〜)

「そうです」

 

取り置きしていただいたものが見当たらず

店主の女性は

 

「呆けたわ〜嫌になっちゃう」としきりに言われていましたが

 

私は「大丈夫ですよーちゃんと出てきますよ〜」

と言って一緒に探しました

 

「いい、お客さんです」と何度も言っていただき

こちらこそありがとうございました

 

会計を済ませて、連絡先を告げて店を後にしました

 

駅が見えたその時に

着信音がなり

「先生!文房具屋です」

「見つかりました‼️」

「取りに行きますね〜〜」

 

お店に入ると

「先生、改札入っちゃいましたか?」

「ううん、手前でしたよ」

「先生、これです、こちらは代済みです」

と袋を渡してくれました

 

「ありがとうございます」

 

明日も行きたくなっちゃうなあ\(^o^)/

商売を知っている店主さんに久しぶりにお会いしました

 

建物が古いから立て替えて

一部を貸して

店舗営業はしないが学校や役所からの注文は取り扱うそうです

 

テキパキしていて

丁寧な言葉遣いで

人として信頼されるのがわかります

 

私もこう思われるようになりたいと思った人に会えて嬉しかったです

 

明日も行っちゃおうかなぁ〜

 

ハッピーアドバイザー   千賀子